2019年8月10日

2019年8月4日練習日記

暑い中お疲れ様です。
世間は夏休みだというのに、恒例の8月繁忙期に入り、「働き方改革」なんてどこに行ったのやら。

さて残り1ヶ月、そろそろ聴いてもいいかなと思っていたところに、good timing !N響がやります、メイン。

8/11 NHKクラシック音楽館 21:00〜

イメージ作りの参考にしてください。
他の演奏聴きたい方は、H氏までお問い合わせください😁。

1部、2部もデモ演奏や映像を探してみてください。

次の日曜日から2回、F氏お休みのため、副指揮者が細かいところの読み返しを行います。
今まで注意された事を確認しておいてくださいね。

地元ネタ
8/10「サザンビーチ花火大会」
古風な色合いの花火です。水中花火もあるよ。

8/25「湘南ロックンロールセンターAgain2019」
1975年に茅ヶ崎で行われたイベントが復活。海しかないと思われてる茅ヶ崎に音楽が広まったきっかけとなったイベントです。(あぁ、聴きに行きたい😅)

それでは、日曜日に

写真は、最近お気に入りのリード

2019年8月2日

2019年7月28日練習日記

午後夜間の練習お疲れ様でした。
昨晩、5時間半の録音をようやく聴き終わりました。

7月最後の練習は、打楽器をレンタルし、エキストラ方々を迎えての合奏となりました。

それでは、注意事項です。あと45日!

(2部1曲目)
乗り遅れが目立つ、もう少し前へ。
長い音を歌う時にテンポ感を失わないで、息をロックしない。

9
アウフタクトは、ゆっくり、9に入ったらin tempo。

44
フェルマータの前は切りません。

53
3,4拍目のタイが長すぎる

61〜
Ob 強拍を強く

65〜
メロディチームは、リズムパートに乗って!

72
最後の付点8分音符長く

121
変拍子を強調して

126
Tb 上がる音が少し遅い

129
16分の連符は、音の変わるところでエネルギーが欲しい
メロディは、大きく歌って次に繋げるように

140
Tp 頭ついて

180
6拍子で振ります

194
弱くする時は、前に行かないと遅くなる

203
金管は、音符のお終いを作って、アクセンティックに吹いて

212
アウフタクトはテンポ速くします

219
最後の8分音符を短くしないと、その後が間に合わなくなる

(2部4曲目)

シンコペーションは、はっきり硬く、アクセントあります

Cから
メロディは、4分音符のテヌートに圧力かけていかないと

32
Fl、Clは、6連符の最後の音を長く

M2小節前
頭おとして

O
Hrもう少しはっきり吹いて

168
Hr 3、4拍目もっと出して

177
Sax、Tp 8分音符の裏側歌って

189
Fl、Glo アクセンティックに

Q
メロディは、drumのきざみ聞いて

277
ここで1回きります

(1部3曲目)
10
立ち上がりを注意して

D
打楽器大きめにリズム出して

E
木管 頭をはっきり、そのためには3つ目を滑らない。スラー以外はマルカートで

102
スラーの終わりが拍頭なので、小さくならないように

M
細かく動いているパートは、Tbのリズムに乗って

110
BCl、Sax、Tb リズムをもう少しはっきり出して、特に4拍目

Mから
メロディは、拍子が変化しているところが面白いんだから、そこを強調するとワクワクする感じになる。
6/8は3拍目を歌って、4/4の3拍目、4拍目を工夫して。

129
スラーかかっていようといないと1は1

154
リズムチーム硬く吹いて、小節の後ろへ向かってもっと元気に

Q
金管タン、タン、タァーンは、だんだん盛り上げて

last4小節
タン タン タン タタタ タタタ拍頭を丁寧に。しっかり聞こえない。
休符を感じて遅れないこと。
最後の音は長めに。

この曲は淡々と行くので、難しいです。
聴いている人に面白味、迫力が感じられるかどうかは皆さんの気持ちの持っていき次第で変わってくるので、もっと丁寧に吹いていきましょう。
ずっと同じ事をやり続けるのだから、聴いている人をマジックにかけるくらいの力が必要です。

(2部2曲目)
A
メロディ表側を長く

C4小節前
Tpは、mpがカスミッシモにならないように、リズムの面白さを出して、セットを早く。

E
solo スラーの切れ目もっと短く、その方がリズミカルび聞こえる。だんだんcresc.ね。
5小節目のFlは、後ろへ向かって歌って。

47〜50
メロディ2拍目裏を鳴らして

F前
8分音符滑らないで
Fから8分音符リステスト

G
8分音符がぜんぶ滑ってる

Valse
2:1の分割気をつけて

last
3つ前あけて

(メイン)
1楽章448、450は、3拍2連でとって

あとは、きちんとカウントして、絶対にすべらないで!お願い!
8分音符出てきたら長く吹く。

(1部オープニング)
テンポの変わり目、みてください!
流れは切りたくない、スムーズにいきたい。

allargandoからmemo
ここだけ特別にゆっくりするのではなく、だんだん遅くしてDにつなげたい。

D
メロディ3連符前の4分音符は3つでカウント

poco allargandoからG
指揮みて!

last
cresc.早めにかけて、最後の音は吹き直して

(1部1曲目)
頭fpは、4拍目からcresc.

5
下へ落ちないで、違う世界に入っちゃう。幻想的でなくて、現実的になっちゃう。
最後の8分音符短いよ。4分音符くらいのつもりで。

Aアウフタクト
ウンを感じて

14
木管8分音符が骨格、fで

B
タイに表情が感じられない、世界を狭くしないで。

16
Hrはっきり強拍出して

21アウフタクト
入りが遅れる人がいる

D
Saxみんなを先導して、リズム出してcresc.
4のFl dim.早すぎる
6のTp 上行音形を頑張ると繋がって聞こえる

47
Pic Fl Ob 3拍目cresc.

F2つ前
出だしはもう少し弱く、cresc.聞かせて

69アウフタクト
最後の8分音符3つのテヌートは強拍出して

70
Euph、TSax 付点2分音符、吹き直してリズム出して

79から
別な世界にしたい

G1小節前
シンコペーション吹き直して

H2つ前 Hrタイの後しっかり歌う

I
金管下がった時に粗雑にならないように

(1部2曲目)

8分音符と付点16分音符の形は後ろにつけて

メロディ4分音符が長すぎる、終わり作って8分音符を大事にすれば次につながる。道化師だからさ、お客さんの前で色々なパフォーマンスをする感じ

lastテンポ落としません

頭のSax 後ろの8分音符長く

全体的に、音形の処理のしかたが自分が思っているのと違って聞こえることがあるので気をつけて

(2部3曲目)
CからD
メロディチームは、リズムが出ていないので何を吹いているかわからない。

長くなりましたが、以上です。

今度の土日に相模原市民オペラのバンダ出演の方々、楽しんできてくださいね。
他の方は、日曜日練習だよ😁

今日は行き帰りの電車でこれを書きながら、初めて「江戸東京博物館」へ行ってきました。予想以上に面白くて、3時間いたけど見きれないくらい。お子様にもおすすめです。

この写真はミニチュアです。よく見ると怖いお面かぶった人が2人

2019年7月25日

2019年7月21日練習日記

日曜日の分奏、合奏お疲れ様でした。

木管分奏は1部2曲目、金管分奏は1部オープニングを題材に「吹き方」と「フレーズ、ハーモニーの作り方」レッスン!

木管、金管の区別なく、全曲に共通してしている事なので、抜粋して載せますね。

(分奏F語録)
どうやったら繋がるのか、現象ではなく、思考を持って曲を理解しよう!
考えて吹いている時は、良い音になってるよ。

細かく歌って!最後までフレーズをしっかり吹かないと、音楽にはならない。

3拍子で4分音符と8分音符の2:1は、絶対気をつけて!8分音符を待ち構えて長く吹くこと。この8分音符が次の4分音符を引き出すんだから。

良い音、響の変わらない音は、軟口蓋が上がっているか下がっているかの違い。

フレーズのどこの音を強く吹くか、
ハーモニーの第何音を吹いているのか、
どういう風に吹こうとしているのか、
自分の譜面を音楽にしないと。

付点の音、タイの後ろ側の音、最後の音、anって処理して!こういうところが粗雑だから、一生懸命吹いているのに伝わらない。もったいないよ。

ぢんたはね、数少ない人数でやっても音楽になるように出来ている。大人数になっても個々がソリスティックに。

研究心が豊富でもっと良く、もっと良くという気持ちのある人は良い音が出る。

歌ってないから、音がイキイキしない

息を出すタイミングの問題、口を先に作ってテンポで吸うタイミングを考えて。

力で押し込むのではなくて、おしゃべりして。

cresc.は早めに、dim.は遅く。
dim.は小さくするだけでなく、最後まで歌って。

分奏はここまで(^^)。
合奏はメイン、初のオルガニスト登場で、雰囲気出てきましたね。
それでは、注意事項です。

(1楽章)
377
Flの入り遅れる

S4小節目
食いつき遅れないで、きれいに出て

414
タイを意識して

U2小節目
2分音符チームは、準備を早く、後ろへ行くほど膨らませて

442
メロディチームの3、4拍目、3連譜に惑わされないで

448
8分音符すべっている、表側を長く。

467
Hr、Saxはdim.

469
dim.遅らせて

Last
オルガンだけ残ります

(2楽章)
アタッカーで入る予定


Flは、音の出るところが遅い、もっと早く準備して

A
木管チームは、Timp聞いて、最初はpで入って、だんだん大きく。
3つ目の8分音符が大事、ラン

20-21
Tpは、21の頭をちゃんと吹いて

26〜
16分音符は、舌に頼らないで口を寄せていかないと響かない。8分音符が骨格。

35
2分音符は、オンタイムではっきり吹く

55
ウン、タタタァーンの人頑張って

Presto
8分音符の動き、3つの頭を決めて。途中から入ってくる人、食いつきが遅れる、タイが長すぎる。

H〜
タイで遅れる

161
Melody聞こえない、バランス考えて

197
冷静に、タイの後の8分音符急がない

200、201
Fl お腹の支えが弱くなっているからリズムが取れない

201、202、203、204
タン、タン遅い。Actionが遅い。

202
下行音形がだんだん遅くなってる

Presto
3つの頭急がない

318、319
お腹でリズムとって

414
トリル最後までしっかり

485
Tp遅れて聞こえる、はっきり出て!

657
8分音符の頭を決めて!舌と指が合ってない

668〜
意外と早いよ

以上です。
久しぶりに、楽譜が真っ白になってクラクラ、古稀すぎたF氏に「クラクラするのは年取ったから」と言われるし😢。
血尿になる人もいるし、皆さんお疲れ様でした!

来週は、打楽器レンタルするので、全曲通します。
ピアニスト、オルガニストが揃うのでメインも楽しみですね。

写真は、休憩時間に見つけたカフェ
かき氷🍧美味しかったよ。

2019年7月15日

2019年7月14日練習日記

雨の中、練習お疲れ様でした。
そして、今日はTpメンバーの結婚式でした。おめでとう🎈お幸せに💕。

それでは、F氏からの指示内容をお伝えします。

(1部3曲目)

C
もう少し動きたいので、前のテンポを引きずらないで。3拍子の頭をはっきり吹いて。

D
踊りの音楽だから、拍頭をちゃんと出して

E
Tb、Euph、BSax
アタックをはっきり、舌をついていけない訳ではなく、引かなければ良い。アクセンティックに

5小節〜
上行と下行で音質が変わらないように、ソルフェージュの問題。3拍目を大事に正確に。すべってるよ。

51、53小節
この音形急がない!ビート正確に

I
4拍目のアクセントをしっかり。

M
メロディチームは、2/4のところが待ってられなくて、2分割が急いでいる。

O
メロディチームは、一つのかたまりの3つ目を大事に

TSax、2nd3rdCl
休符慌てないで、基礎リズムを変えない。表側の音をすべらないで決める!

全体的に下行音形が下がる、上行音形は質感が崩れてくる。ヨレてこないように
同じ事をやり続ける集中力と気力が必要な曲。

(1部1曲目)

テンポは出たら変えないので正確に数えてください。

4小節
タイのあとで音楽が切れている。下へ向かってソルフェージュしない。

6小節
付点4分音符の長い音のソルフェージュが甘いから、次が上手くいかないんだよ。

9、10小節
8分音符は、タン、タンと分けて

14、15、16小節
3連符と8分音符の音形、8分音符は、3つ分数えて最後はラン。

B
1小節目
タイのあとの8分音符で音楽の流れを切らない。

35小節
Flは、一番下がった音を決めて

Allegro
頭からリズム出して

44、45、46小節
最後の8分2つをすべらないで決める。

F
8分音符は後を強く

64小節
最後の8分音符4つが大事

78小節
昇って行くスピードがそれぞれ違っているので、合わせて

81
頭の2拍目はっきり吹いてCut、次の4分音符から違うメロディが始まる

Vivo
骨格は、低音とHrです

J
3〜4小節のスラーがかかっていない、3小節の最後の4分音符をちゃんと吹いていないから。押さないで喉を縦に開けていく。

L
Hr、Saxにオブリガードをしっかり。

(2部4曲目)

同じ音続くよ、後ろ高くね。うっかりすると、そこでout!

A
メロディチームは、昇っていって

E
いいですかぁ、ソルフェージュの問題なんです。管楽器は吹けば鳴る訳じゃない!どういう音程でどういう響きを持って出しているかが重要

F
頭のハーモニー
BbとCesがあるので、Cesは高めに

J
シンコペーションなので、2小節目の2つ目にアクセント

L
3、7小節の8分音符は、タン。長すぎてもダメ。

M
頭 アタック楽に、溜め込んで発音しない。
メロディは、休符の間にイメージを上げておいて、6連符の頭長めに、みんなでスピードを合わせる。
口を寄せて決める、途中で口を変えない。

O
5小節メロディ
3、4拍目の最後の16分音符にアクセント。Qの前も同じ。

S
Fl、Clの5連符2つは、最初ゆっくり入って4+6で。

Last
2小節前でカットします。

以上です。
団員からの情報で、先々週と先週の「題名のない音楽会」に弦バスのO氏が出演していると聞き、録画を確認。
笑顔で演奏されていました(^^)。

2019年7月8日

2019年7月7日練習日記

七夕の夜練お疲れ様でした(^^)。
そして、土曜日に「みぎわホーム」の依頼演奏に参加された方、2日連続お疲れ様でした。次は、カルメンオペラのバンダチームですね。

さて、本日の練習には、メイン編曲者のS氏と弦バスのO氏が練習に参加してくれました。ありがとうございます。
今月は、ピアノとオルガンも見えるので楽しみですね。

それでは、F氏からの課題です。

「細かく数える」
特に休符のある音形は、細かくカウントしていないと詰まって、どんどんずれて行く。休符もカウントする。

「全ての音を処理する。Nをつけろ!」
次の音がアクセントの場合、前の音が処理できていないとアクセントに聞こえない。音の処理が出来ていないだけで、全ての音楽が崩れる。

「頭をはっきり作る」
モァっと出ない!

「2分割は、頭の音を長めに」
2分割は難しいよ。均等に聴こえるように吹くためには、頭の音を長めにする。

O氏から
「私も一つの音を4分割、最低でも2分割でカウントしています」

S氏から
「休符をカウントできれば、もっとクォリティが上がると思います。」
「(帰り道談)これから本格的に練習すれば全般的には全然間に合う出来だと思う。」

同じ事を別な方から言われると新鮮さがあるでしょ!とF氏😁。

あと2ヶ月、ここからが正念場です。
織姫と彦星にお願いしてきましたよ。

2019年6月22日

3週間ぶりの更新です。
更新していない間に、嬉しい事続きのSWE(^^)。
ひとつ、第31回定期演奏会が来年6月21日に決定!抽選に行かれた方ありがとうございます。
ふたつ、今年も相模原シティオペラ様からバンダ演奏の依頼を頂きました。演目はカルメンです。
みっつ、待望のTubaのメンバーが増えました。みなさん、よろしくお願いします。

それでは、3回分のF氏からの注意事項です。

(1部2曲目)

頭のFしっかり、Cは5度しっかり作って、Aは低めに。2拍目のHは低めに。
下行音形の人は、下がりすぎないように。

3小節目のEは高く。

5,6小節目の16分音符4つの後ろ2つ抜かない。

8小節目の和音 A Cis E、同じ仲間探して

9,10小節目 つながって聞こえるようにするために9小節目2拍目を細かく歌う。

12小節目 B♭がんばって。


頭 Cl2,3、Xylは、2つ目の方が強く。
メロディは、一つ一つの音をはっきり吹いて、頭の中でつなげて。ソルフェージュを先行して。3拍目を大事にすれば遅れない。

16小節目 8分音符2つは強く。

19小節目 1拍目を投げ出さないで吹く。抜かない!

33小節目から4分音符の処理が出来ていない。

62、63小節目は、出るときはっきり。

Last 8分音符下がらないように。


頭 Tpは上がったり下がったりをちゃんとソルフェージュして。

4小節目からのメロディは、1、3拍目を決めて。

13小節目の16分音符の頭をはっきり。

26小節目からLast 8分音符で歌う。


3拍子、1、3拍目大事して。

3小節目 16分音符の頭長く、強調。

7、8小節で1クール 動きを持って。

9小節目からの16分音符が遅い。

Last2小節前 Ob、Clはスラーに変更。


14小節目Fl、Obはっきり、息使って、ウン数えて。

30小節目から2小節1クールで。


全て少なくとも8分音符でカウント。


5小節目からメロディは、2小節ごとの最後の4分音符を強調

13小節目からTp、Tb予備カウントして、後ろの8分音符を歌う。

20小節目Tb最後の8分音符3ついやらしく。

25小節目スラーの頭しっかり。

47小節目でいきなりテンポあげます。

Last長めに

(1部1曲目)
頭のテヌートは、たっぷり吹いてもらいたいから書いてある。
Flは、3連符を歌う。

3小節目から4分音符チーム、音楽は線だから、パウパウパウっていう点じゃない。頭の中は16分音符で。
Flは、3、4拍目をはっきり吹く。

7、8小節目、3連符が滑っている、頭の音長く。

14小節目、3連符の後の8分音符をラン。

17小節目からメロディ、感性を休ませないで、3連符前の8分音符テヌートを強調。

21小節目アウフタクトの入りが遅い。

Eからのメロディは、2小節1クールで。

Andanteからのメロディは、8分音符で歌うかどうかが、上手くいくかいかないかの境目。

G3小節目から16分音符は、自然に息で歌って、ツッて言わない。

G5小節目Tp、タイの後ろと付点8分音符を歌って処理して。
Tbは、2分音符はっきり吹いて、ドラマティックに。

I9小節目Tpはっきり、ASaxは3連符しっかり、Fl、Clは3つ目の3連符しっかり。

(1部3曲目)
頭、大きな流れで、途中遅れないように。

Aから
メロディチーム、ここは大きな3拍子、気持ちを前へ、音楽的にのれないのは音符の後ろ側をちゃんと歌ってないから、途中で休まない、最初の4分音符2つが歌えているかどうかです決まる。

Euph、BCl、BSaxは、動いているところはっきり、特に16分音符。

13小節目の3拍目から出てくるチーム遅れる。pでも聞こえないと、息で頭を作って、cresc.を早くかけないと間に合わないよ。

15小節目4つ目が山、6つ目だけ弱くなればいい。

Bからメロディ、1小節目最後の8分音符2つと2小節目の8分音符3つが聞こえないと。

25小節目の最後の音、絶対に遅れないで!Cのアウフタクトだから。

Cで少しテンポあげたい。
2、2、3の3がゆっくりにならないように。メロディチームは骨格が示せるように。

32小節目Hr、長い音強く、8分音符と4分音符を吹き分けて。

E リズムパートが頑張ってもらえると踊りやすい。メロディはリズムにのって。

I ハーモニー確認、CとGがんばって。
みんなで音を聞きあって同じ響きを共有してください。
4小節ごとの最後の4分音符をもっと丁寧に、4小節1クールをちゃんと感じて。

K 3つずつ、2つずつの頭を決めて、3分割の3つ目をもっと歌って、4/4は後ろへ行くほど強く。

L 木管、拍頭の音しっかり、4/4はcresc.、6小節目がつまらないように。

O メロディ以外、ハーモニーを作りましょう。Dが基音です。各小節の最後2つをしっかり。

P メロディ以外3拍目、最後の2つしっかり。

Q Tp5度のハーモニーしっかり、2ndもっと出して。

(2部1曲目)
頭 Tpタイの処理、力任せではなくて、楽に歌い続けて。
Hrは、3連符cresc.

5小節から、起承転結考えて、positiveに。

9小節目メロディチームは、少なくとも8分音符で歌う。狙うのが遅れる人がいる。4小節1フレーズのフレーズ感持って。

17小節目でガラッと雰囲気を変えて。

23小節目、音符のおしまいがないよ!

33小節目、Tp2,3、Hr遅い。

36小節目Tp、Hr、Tbは、3連符がはっきり聞こえればいい。舌に頼らない。

44小節目 最後のフェルマータの前の音の処理気をつけて。

45小節目からメロディ、低い音を強めに、もっと吹いて、のどを縦にあけて。
8分音符刻みチームは、下の音を強く、長く。

53小節目のメロディ遅くなるよ。

72小節目、出だしの16分音符をはっきり、これで決まる。

79小節目、2分音符の終わりを作って。

81小節目、Clは2個づつのかたまりの頭をはっきり吹いて。

89小節目、メロディはタイを意識して。

120小節目から2小節ひとかたまりに出来るかは、1小節目2つ目の音がポイント。

188小節目、Sax、Euph、Tuba、2個目の音を抜いたらダメ。

194小節目、最後の8分音符と次の付点2分音符を決めて。

(2部2曲目)
頭 メロディは4小節目3拍目が山なので、そこへ向かって。
Hrのきざみは、後ろへ向かってひとかたまりで。

A メロディ休符をしっかり歌わないと流れがとまってしまう。

C メロディ最初の8分音符4つは前菜、後ろの8分音符4つが主食。自分の間で吹かない。

D 3小節前の付点4分音符が長い。3小節目がすべる。

E soloは後ろへ行くほど強く。5小節のFlは、8分音符3つだと思って吹いて。

F TbとHrは、リズムはっきり。

G 木管は、TbとHrの長さに合わせて、乗っかって。

J 3Cl、ASax、3小節目の2拍目、3拍目の8分音符が大事。Lも同じ。

N メロディが上手くいかないのは、最初の音の終わりがないのと、膨らんでいかないこと。

Last 4小節前の終わりあけて。

(2部4曲目)
16 3連符のタイミング合わせて

C メロディその前の4分音符3つより、2小節目、6小節目の方が重要。

27 Tp最後の音をしっかり、その前のタイを処理すればできる。

29 頭ちゃんと落としてpにして!

30 3連符チームずれないように。

31 木管タイの最後を歌って、タイの間を考えて4拍目を合わせる。

34 3連符チームしっかり聞こえないよ。

36 Tpタイが付いていない事に意味がある。最後の2分音符はアウフタクトなので、分けて強く。

E 同じ音続いてるよ。上がった音はしゃくらない。

F Ob、Cl、Sax一番言いたいところは、3連符の次の4分音符と付点2分音符、ここまで3連符を弱くしないで向かって行って。
Tb、Tpの2分音符は、mpだけどはっきり吹いて、TpはTbと同じタッチで吹いて。

66 音形はっきり

67 最後タタンって言わないと。

77、78、81、82 タイが長いから、タイミングが合わない。

G Fl、Ob、Cl、Tpは、アクセントだんだんしっかり。

KからM 打楽器のリズムを聞いて。

M メロディ3拍目6連符慌てないで歌って、上から出てきて。こういうメロディはすごく息がいるんだよ。

133 最後の8分音符と次の16分音符をしっかり吹かないとメロディが繋がらない。

136 落ち着いて!先に行ってる。

139 後ろの8分音符のタイミングを合わせて。Tp一番の山は、タイの後ろの音。

146 TSax、Tb下行音形だんだん強く。

N 8分音符はpで出て1つずつ力強く、だんだしっかり。

O 入る時、1回きります!

170 rubato 、171 A tempo、Qの前も同じ。

177 Tp出たらcresc.

P Hr、TSaxもう少し大きく。

183、185、187
Fl、Clは、明確に吹きわけて、後ろへ向かって星が降るように。16分音符の終わりと4分音符しっかり吹いて。

Last 6小節前と4小節前は、ちゃんと吹き分けましょう。

以上です。

録音聴く時間が取れなくて、ようやく7時間半分確認しました😅
イヤホンはさすがに耳が疲れるので、備前焼スピーカーで📣

あと85日
F氏が指揮棒で叩かなくても良いように、個々でカウントしましょう。

2019年5月29日

2019年5月26日練習日記

お疲れ様です。
急に暑くなったり、雨風が強かったりと不安定なお天気続いていますが、体調崩さないように気をつけてくださいね。

さて、今回はF氏に2部とメインをみていただきました。
注意されたことは4つ。

「タイの後ろを歌ってください。
付点付いている音もタイと同じです」

「はっきり吹きましょう」

「細かく数えて歌いましょう。問題が生じるときは、数えられてないよ」

「同じ音が続いたら、後ろの音を意識して高く吹いてください。」

これだけです。
今回はHardな曲が多いので、合奏中に集中力が切れてしまう事もあると思いますが、もう一度意識して合奏に臨みましょう。

あと110日
来月1日は抽選日です。祈りましょう😊

2019年5月25日

2019年5月19日練習日記

夜コマ練習お疲れ様でした。
今回は先生にお願いして、一度通してから細かく見ていただく形にしてみました。

一度通す事で、曲全体の起承転結と吹くエネルギー配分もわかったし、何より出来ていないところが再認識出来て、私は良かったかなと思っています。

練習方法は、各団体いろいろな方法があるし、その時の参加メンバーやパート、曲の完成度にもよるかと思いますが、
SWEのように正指揮者が細かい奏法部分まで指導するのは珍しいかもしれませんね。
吹いていると実感出来ないのですが、音源を聞くと、F氏指導後の演奏は、通しと比べると確実に全体の流れが変わって、スムーズな印象を受けました。

細かい部分を完成させること、全体の流れを把握すること、どちらも大切なことなので、今後も練習内容を調整しながら本番に向かっていきたいと考えています。

それではF氏からの細かい注意事項(^^)

(1部オープニング)
リズムとテンポの変わり目を予感して下さい。
ゆっくりの時は、細かく歌うこと。16分音符で歌っていれば間がとれる。


2分音符がのびている間に細かく数えて尻窄みにならないように。
2分音符の中の最後の8分音符に次の音へ行くエネルギーがないと。

最初のハーモニーは、Cしっかり、CとGを聞いて、Bb、D、F乗っかってください。Dは低めに、Fはメロディの基本なのでしっかりと。そして、3拍目、1拍目、3拍目をしっかり吹く。

A
トリルの処理が上手くいってかないから、2小節目からのメロディーの頭が聞こえない。
ランって上へ向かって処理して、次へ感性をつなげて。
メロディーに入ったら、タイを必ず歌ってください。

B
3連符は、全部吹くのではなくて、頭をしっかり吹いて軽やかに、自分で歌える範囲で自然に、その方がきれいに聞こえます。

C
頭のタイの後ろ側を歌って。
3小節目のシンコペーションは抜かないで、8分音符を8分音符のタイだと思ってください。

D
4小節前はリズムに乗って、Tb,Tpの3連符を別ものにしないで。
Flの3連符、下がった音が強く聞こえるので、1,3 1,3だと思って吹いて。

F
3連符のフレーズは、ひとかたまりで

H
3連符しっかり

last
cresc.の4拍目意識しないと最後終われないよ。

(1部ラスト)
全体的に3分割、2分割、4分割が吹き分けられていない。

E
メロディーは軽やかに、自分が楽しんで踊れるように。
BCl、Tb、Euphの4小節、8小節目の音が長すぎる。

F
4小節目のヘミウラ、このメロディが出てきたら滑らないで!

G
メロディーチームの最大の欠点は、下行音形で音が下がって母音が変わってしまっている。上行音形は広く。
Sax、Hr、Tp、Corのリズムは、1つ1つの音をはっきり、エネルギーが必要です。
BCl、Tb、Tubaは、4と8小節目の独立している音を強調してください。

I
一つ一つの音が垂れ下がって聞こえる。(8分音符をちゃんと歌っていないから)

K
メロディーは、スラーの頭を意識して繋げて歌う。途中の16分音符が詰まる。
6/8の3つ目、6つ目の音を丁寧に、抜かない、息を止めない。
打楽器をよく聞くこと!

N
アーティキュレーションを正確に
5小節目、14小節目すべっている。

(2部1曲目)

Brass 3連符をマルカートで

9
Alla marciaだよ。マルカートで
基本的にみんな追っかけてる。もっと先に進んでください。
メロディーは、2小節目最後から3小節目にかけてcresc.エネルギーかけないと。
BCl、TSax、Euphは4分音符が短い、8分音符の3分割と2分割が詰まってしまう。16分音符の3分割に惑わされないように。

63
8分音符が長すぎる。
メロディーは、タイを歌う

109
2ndHrは、低めに吹いて

139
Tp、Tbは、音の終わりを気をつけて。

以上です。
遅くなってしまい、すみません。

あと113日です。

2019年5月13日

2019年5月12日練習日記

若葉まつり出演の金管・打楽器チームお疲れ様でした。
まつり役員の方、送り迎え運転手の方、ご協力ありがとうございました。
お天気に恵まれて、お客様も多くて良かったですね。
今回は、SWEを知ってもらう良いチャンスを頂きました。定期演奏会もぜひ聴きにきてもらいたいです(^^)。

という事で、午後は個人練習とさせてもらいました。
木管を中心に10名くらい集まったので、G氏にお願いして後半は分奏に。
曲はもちろん、メイン。
いつも合奏で金管、打楽器を待たせて申し訳ないので、特訓😁。

「音の処理がバラバラで気になる」
「同じ音やフレーズが続いたら、どうするんでしたっけ?」
「間に休符が入る音形は、休符に音を入れて練習して!カウントを身体で覚えられるように」
「拍頭を意識して、周りと合わせましょう」
「音の変わり目は、はっきり!モアッとならないように」
「同じリズムやメロディを吹いている仲間を発見して、仲良くしていきましょう。」

だいぶ縦が揃ってきたかなぁ。
さぁ、この成果を次回の合奏に😊

夜は、7月の「みぎわホーム」さんの依頼演奏へ向けて木五チームの練習。
お祭り、分奏疲れもあって、短調が長調になったり😁皆さんお疲れ様でした。
こちらもどんな演奏会になるのか楽しみです。

それでは、また日曜日に

2019年5月1日

2019年4月28日練習日記

明るく令和元年が始まりました。
皆さんは、改元のタイミングをどのように過ごされましたか?

さて、平成最後の練習はF氏による2部初見大会!
初見と伝えたにもかかわらず、1曲目頭から、熱っぽい指導で開始しました。

平成31年4月28日のF語録です。

「身体の重心は下へ、音は上で感じてください。」

「音を追いかけてはダメよ」

「原曲をイメージ作るために聴くのは構わないけど、聴いた感じで吹かないで!あくまでも譜面に忠実に、しっかり読んで正確に歌えるように」

「どんな場合でも音には終わりを作る!ちゃんと自分の音を完結して下さい。」

「2部の曲は特に打楽器を良く聴いて!どんな事があっても付いていくこと」

「踊るっていうのは、カカトを付いて踊らないんだよ。つま先で踊るイメージで吹いてください。」

あと137日
新しい年、演奏で花を咲かせましょう!