2017年10月11日

お昼休みに見つけた記事🎵
「ベトナムのオーケストラと恋に落ちた日本人指揮者」

無名の楽団に入れ込んだ理由が、
「彼らの出してくる音、きらきらした輝きを持つ音」とありました。

指揮者を魅了させる音には程遠いけど、いつか惚れさせたいです😊。

一度読んでみてください(^^)。

2017年10月8日

2017年10月8日練習日記

【音楽は線に、強弱で立体感を】

今日は音楽室の椅子が足りなくるくらいの参加者(^^)。
見学者もたくさん来てくれて、嬉しい限り😊。

今日は、定期演奏会の候補曲の試奏とクリコンと依頼演奏の練習でした。

合奏前のロングトーンで、「次は楽器無しで歌って」と先生。
不思議なことにその後のロングトーンのソルフェージュが楽になりました。
以前より、楽器のためにヴォイストレーニングを受けたいと思っていたのですが、やっぱり歌うの大事ですね(^^)。

そして本日のF語録
寄せて返す波のように、3Dで吹いて。
音は点じゃなくて線だよ。
ベロで息の流れを止めるのやめて。
スラーは細かく刻まないとかからないよ。

それでは依頼演奏まであと2週間、クリコンまであと2ヶ月、精進しましょう😊

2017年10月1日

2017年10月1日練習日記

【イメージとソルフェージュを大事に!】

今日の前半は、クリスマスコンサートの試奏と試聴、後半は、依頼演奏の練習でした。

【本日の福島語録 抜粋】
「瞼の裏に映像を思い浮かべて!」
お隣のプレーヤーが楽譜見えないとボソッと😁

「細かくソルフェージュすること。」
ちょっとサボるとすぐバレるんだよなぁ😅

「楽器を使って音楽をするんだよ。」
私の楽器、ちょっと気むづかしい子なんです。気分屋で😔

「ヨハン・シュトラウスの時代は忙しくなかったんだよ。」
さてなんの曲でしょうか?

今日も盛り沢山の指導でした。

そして、クリスマスコンサートに新曲2曲が決まりました。念願のあの曲が入ったので楽しみです🎵

2017年9月24日

2017年9月24日練習日記

今日は午前中から、クリスマスコンサートのためのアンサンブル練習、午後は副指揮者による合奏でした(^^)。
毎年クリスマスコンサートは、1部がアンサンブルステージ、2部が全体演奏ステージとなっています。
今年は、アンサンブルのエントリー数が最大となり、練習場所も争奪戦😁。
同族楽器だけでなく、混成チームもあるのでお楽しみに🎵。
今日の副指揮者は、風邪で体調の悪かったのに長時間の合奏指導に感謝です🙏。
福島先生の注意事項を噛み砕いて伝えてくれるので、まだ入団間もない方もわかりやすかった思います。
年末までの2回の本番楽しみです🤗。

2017年9月17日

2017年9月17日練習日記

今日は楽器の音の響きを良くする方法を、福島先生に指導して頂きました。

金管楽器のマウスピースは、歯の当たる位置が平らな西洋人向けに作られているので、日本人が吹く時は下顎にもきちんと固定される様に当てる事が、響く音が鳴るコツだそうです^ ^

楽器の音を自分で聞くのと、客席側で聞くのでは全然違うので、遠くに響く音を出す事が良い演奏に繋がるとの事でした。

今度の演奏会に向けて、良い音が出せる様に頑張ります‼︎

2017年9月14日

Nをつけろ!

先週日曜日の「題名のない音楽会」みましたか?
〜教科書を超えた音楽会〜

スタッカートとは「短く吹くのではなく、特別なことをすること」と山田和樹さん。

アルメニアンダンスpart1の中間部を題材に、短く吹くのと、特別なことをした場合の比較した演奏がありました。

「ちゃんとNが聴こえる!」

いつも先生から音の最後はNをつけてと注意されている通り、聴こえ方が全然違いました。

見ていない方、9/17の再放送で是非(^^)。

2017年9月10日

20170910練習日記

今日は清新公民館🎵

10月の依頼演奏へ向けて、福島先生のご指導で5曲練習しました(^^)。

「細かく数えること」
「フレーズは長く」
どんなジャンルの曲を演奏しても気をつけることは同じですね。

今日は新たに「君たちのワルツはマズルカみたいだね〜」と言われました。
調べたら同じ3拍子でも、
マズルカは2拍目、3拍目にアクセント
ワルツは1拍目にアクセント
なるほど、本番まであと1ヶ月半
ワルツ踊れるようになれるかな(^^;)

2017年9月3日

はじめまして‼︎

相模原市を中心に吹奏楽演奏をしております、相模原ウインド・アンサンブルです!

この度、当団の活動を幅広く知っていただく為、練習での出来事、お知らせ等をこちらからブログという形で発信していくことになりました^ ^

のんびり配信していきますので、ゆっくりお付き合いくださいね♪